郡山画塾/芸大・美大受験 実技指導/福島県郡山駅から徒歩8分の美術予備校

 

イベント案内

→トップページへ戻るpc_1top.html
pc_1top.html
→トップページへ戻るpc_1top.htmlpc_1top.htmlshapeimage_5_link_0

起点 F 美術展は 国内外で活躍するアーティスト5名と郡山画塾出身の美大生2名 、福島に縁のある作家を中心とした7名による美術展覧会です。

主な特徴として個展×7のような展示形式で展開される点があり、一般的なグループ展とは一線を画し各作家の個性が光るような発表となります。

創立7周年を迎えた郡山画塾が全面的に企画・主催をする展覧会で、福島を起点として魅力溢れるアートを発信する第2弾です。

ぜひご高覧下さい。

今泉 杏里[ガラス]

大河原 健太[版画]

加川 広重 [水彩画]

菊池 将史  [ボールペン画] 

菊地 實  [絵画]

菊地 めぐみ[絵画・テキスタイル]

竹内 拓真 [絵画]

出品作家

2020  3.17[tue]〜 3.22[sun]

郡山駅前 ビッグアイ6F 展示室

open:10:00  初日のみ14:00

close:19:00  最終日のみ16:30

観覧無料

出品作家紹介

大河原 健太  Okawara kenta

加川 広重  Kagawa hiroshige

菊地 實  Kikuchi minoru

菊地 めぐみ  Kikuchi megumi

1983 福島県生まれ

2007 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業

2017 福島県にアトリエ「柊スタジオ」を設立

2018 絵本「むさしのひみつ」出版


主な展示

2012   個展「大河原健太展」ギャラリー風帰来(神楽坂)

2015   二人展「私と街の物語」(人形町vision's)

2018   起点F展

      矢吹駅観光案内所主催「大河原健太の世界展」

受賞歴

2010    TOKYO GRAPHIC PASSPORT 入選、観客賞受賞

2012    玄光社「イラストレーション」誌  ザ・チョイス 年度賞受賞

    誠文堂新光社「イラストノート」誌 第13回 ノート展 大賞受賞

    第60回 朝日広告賞 イラストレーション賞受賞

2014  「print jam」ファイナリスト選出、展示(LONDON,Art Bermondsey)

2019     SHIBUYA ART AWARDS 入選

1972年  宮城県仙台市生まれ

1996年  武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒

1996〜2012年  仙台美術予備校にて勤務

2012〜  郡山画塾を開塾。同塾長。

1996 個展[菊地實展]/東京 を初個展とし、全国で個展を18回開催。

最も最近の個展は 2017「菊地 實  絵画展」/青森 弘前

 

他、グループ展、国際展、チャリティー展など多数

2017年より福島県の自然の中にアトリエを構えてから、自然から発せられる生命力に興味を惹かれるようになりました。


それまで長い間暮らして来た都会では感じたことのない地球の呼吸。

これらの目に見えないエネルギーが、太古よりこの地に息づく精霊なのではないでしょうか。


私の作品は東北という視座から、人智を超えた事物や現象を表現しています。

画家。

1976年宮城県蔵王町生まれ。

2001年武蔵野美術大学油絵科卒業。

平成24年度宮城県芸術選奨新人賞。

2003年より「巨大水彩展」を中心に個展を23回開催。

個展以外にもグループ展、演奏等とのコラボレーション、舞台美術など様々に多数発表。

近年の個展は

「加川広重展 3.11 夜が明けるまで」(2020/兵庫)

「絵画が伝える震災の記憶」(2018/宮城)

「共徳丸と海」(2018/宮城)

「星を巡る絵画への旅」(2017/宮城)

「加川広重展」(2017/宮城)

「飯館村」(2017/福島)

1970 福島県郡山市生まれ

1994 女子美術大学芸術学部工芸科卒



1994 グループ展(小原流会館/東京・南青山)

2006 二人展(ギャラリー杜間道/仙台)

2007 個展『菊地めぐみ型染め展』(ギャラリー杜間道)

     第16回 河北工芸展 初入選(さくら野百貨店/仙台)

2008 第82回 国展 初入選(国立新美術館/東京・六本木)

     グループ展『装』(器物家/仙台)

     グループ展『in the room』(ガルボ/仙台)

2009 第83回 国展 入選(国立新美術館/東京・六本木)

     個展『幾何学の夢』(ギャラリー杜間道)

2010 第84回 国展 入選(国立新美術館/東京・六本木)

他グループ展、公募展等多数

ー海沿いのテトラポット       車窓から眺める高圧電線         工事現場の積荷資材


日々の生活の中で出会う何気ない風景や空間のなかに存在する

事物から幾何学的図形を探し求め、作品のテーマが湧き上がる瞬間がある


人工的に生み出されたものが年月を経て、その様相を少しずつ変化させ、

それらはある法則を保ちながら存在しつつ、独特の雰囲気を纏い、懐古的叙情性を醸し出す


そういった世界観を作品から感じとって頂けたら幸いです

風景や生き物から感じる色彩や光を表現しています。

透明水彩絵具の透明感や独特の鮮やかさに魅力を感じ、

その可能性を追求しています。


今泉 杏里  Imaizumi anri

1997 福島県出身

2016 光南高校卒業

2020 女子美術大学デザイン・工芸学科工芸専攻陶・ガラスコース卒業

2018

「第2回ウチの子アートになる」展

GEN-ガラス教育機関-作品展」

「女子力展」

2019

「ウチの子アートになる2019」

2020

「女子美術大学デザイン・工芸学科工芸専攻卒業制作展 Ko-gei junction」

「ガラス教育機関合同作品展」

彼女は気持ちよさそうに眠る。

そこに柔らかな布と家族の匂いがあれば眠る。

彼女は満足そうに眠る。

昼だろうが夕飯前だろうが眠りたい時に眠る。


我々も眠たい時に眠りたい。もう少し、彼女を見習った方がいいのかもしれない。そんな思いを込めて作品を制作した。

今日も彼女は自慢の毛を床に垂れさせ、とろけるように眠る。

菊池 将史  Kikuchi masashi

1983    青森生まれ。仙台育ち。

       現在東京在住

2007    武蔵野美術大学造形学部

              視覚伝達デザイン学科卒業

2007~ ゲーム会社にてグラフィックデザイナーとして勤務

私は学生時代「樹木」をテーマにしたボールペン画を描いておりました。


しばらく描くことから離れていましたが、絵を描くことはなかった13年間で身につけた数多くの経験が、また違った線を描いてくれるのではないかと思い、13年前に描いていた「樹木」をテーマにしたボールペン画に再び向き合ってみる事にしました。


荒削りな作品ですが、この作品はそんな今を生きている

「私」の「私」による「私」のための「足掻き」です。

竹内 拓真  Takeuchi takuma

1999年福島県出身

2018年福島県立須賀川高校卒業

2019多摩美術大学絵画学科油画専攻入学


日々の生活の中で見つけた、心ひかれる情景や心情を絵に写し出して行きたいと考えています。

また、古典技法や絵画粗製に興味があり、それらを用いた作品を創れるよう、挑戦しています。

今回のF展が初めての展示の経験となります。

今回、これから作家として自分を確立していく為の第一歩として、頑張ってみました。

なんでもない事かもしれないけど、実はなんでもなくないかもしれない。。。

日常に溢れる  平和な苦悩、些細な大事件などなど。。。気を留めず過ごしてしまうような事だけど顧みればふと笑えたりもして、忘れたくはないな と思ったりもするものです。

今回の作品群は、そんな日々を過ごす中で出会えた事、思えた事を反芻して淘汰して、そして絵としてイメージに浮かびあがって来たものを焼き付けるように描いています。

心に留めておく事ができた愛すべき景色。できればふと笑ってやってください。

no photo